直収電話とは

おとくラインなどの直収電話は通常東西NTTの通信設備を使って固定電話の通話をしますが、それを通さず、ソフトバンクグループであるソフトバンクテレコムが提供している固定電話サービスになります。
これは直収電話と呼ばれています。直加入電話、や地域系電話とも称されています。
現在営業を行っている直収電話サービスの会社はこのソフトバンクテレコムのおとくラインの他にもサービスを提供している会社があります。その主なものを紹介すると、

・au - auひかり電話サービス
・NTTコミュニケーションズ - Arcstarダイレクト / VoIQ
・J:COM - J:COM PHONE(J:COM CATVのサービス地域のみ)
以上のようなサービスがあり、IP加入者線以外のサービスになります。
光ファイバー(ダークファイバーを含む)を利用したNTTコミュニケーションなどのサービスも登場し、回線種別の違う直収電話も含め中小企業や個人企業向けに提供されています。

東西NTTとの違いは、月額基本使用料金がNTT東日本、NTT西日本の固定回線よりも安いということです。
さらにNTT東日本、NTT西日本の提供する付加サービスの利用料金も直収電話サービス会社の方がお得だということです。
この直収電話サービスに共通するのは、NTTとの契約が不要なことです。これに対して電話サービス会社を選ぶことができ、基本料金は今まで通り東西NTTに支払ってきた「マイライン」サービスとは違い、おとくラインなどの直収電話は基本料も含め、一本化してソフトバンクテレコムなどに支払うサービスとなっています。
「マイライン」は複数の電話サービス会社から請求が来ていたのを、一つにまとめ、利用者も複雑な支払いをすることなく、基本料金も安くなるので、そのメリットは大きいものがあります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 通信費削減にはおとくライン All Rights Reserved.