毎月の料金は

直収型電話サービスの固定電話に切り替えた場合や、新規で加入した場合、その毎月の料金はどれ位かかるのでしょうか。
ここでは会社用(事務用)としてソフトバンクテレコムのおとくラインの一例を上げてみたいと思います。
・ISDN64基本料金 3,549円/月
・標準工事費月額負担 105円×60ヶ月/回線
・ユニバーサルサービス料 735円
以上合計で4,389円/月 がかかることになります。
以上の料金に付加サービス使用料がかかります。

このユニバーサルサービス料とは、NTT東日本・西日本が提供しているユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報などの国民生活に不可欠な電話サービス)を全国どの世帯でも公平に安定的に利用できる環境を確保するために必要な費用を、電話会社全体で2006年より応分に負担する制度です。
この電話サービスに加入しているユーザーは2007年1月より、その負担金として毎月の請求に合算されています。
公平なサービスを安定的に利用されるサービスとして、
・加入電話サービスのうちの加入者回線 (基本料)、特例料金が適用される離島通話および110番・119番などの緊急通報
・公衆電話サービスのうちの社会生活上の安全および戸外での最低限の通信手段を確保する観点から設置される第一種公衆電話について、当該公衆電話から利用可能な市内通話、特例料金が適用される離島通話および、110番、119番などの緊急通報が対象とされています。

このユニバーサルサービス料はその契約会社と契約内容により、負担額が違ってきます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 通信費削減にはおとくライン All Rights Reserved.