電話加入権が不要?

直収型電話のもう一つの特徴として、新規で申し込む場合、電話加入権である施設設置負担金が不要となるため、その費用がかからないということです。東西NTTへ電話加入権を申し込んだ場合、37,800円が0円で済むというメリットがあります。
この電話加入権は、新規で固定電話を申し込む際、NTTの回線を利用するなら、必ず必要となる施設設置負担金なのですが、東西NTTの回線を利用しないため、このように不要となります。

東西NTT固定電話サービスから直収型電話サービスへ切り替えた場合についてはどうでしょう。
いくつかのポイントがあります。
まず、切替を行った場合、今までの電話番号はどうなるかというと、今まで通りそのままでの利用ができます。
ただ注意点としてあげられるのが、ADSLのインターネットサービスを利用していた場合、東西NTTの回線網を利用してケースでは、その利用ができなくなります。そのため、プロバイダ会社を変更する必要があります。
ですので、今まで利用していたインターネットプロバイダ会社がどの回線を使用しているかを事前に確認しておく必要があります。
この点は、切り替えようとする直収型電話サービス会社へ問い合わせすることをおすすめします。
ですので、今現在利用しているインターネットプロバイダ会社と同系列の直収型電話サービス会社なら、その様な問題は発生しないので、事前に確認しておきましょう。例えばおとくラインに切り替える際にインターネットプロバイダ会社がYahoo!BBなどであれば問題ないということになります。
そして、契約期間の縛りなどがないかも事前に確認する必要があるでしょう。割引特典があり、そのメリットは大きいのですが、2年以内に解約した場合、契約解除料などが発生しないのかなど、チェックしておきましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 通信費削減にはおとくライン All Rights Reserved.